陰部の内部にしこりが出来る病気です

下半身

ペロニー病は、陰茎形成硬化症とも呼ばれており、陰茎の内部にしこりが出来て、湾曲をしてしまい屈曲ペニスになってしまいます。勃起時に屈曲ペニスになることが多く、後天的な病気だといわれています。大変デリケートな部位なので、公共のトイレに行くのが億劫になったり、コンプレックスを感じて、泌尿器科を受診するのが遅れることもあります。ペロニー病は少しずつ進行する病気なので、泌尿器科のクリニックで保存療法を受けることが大事です。比較的初期段階の場合は、痛み止めの内服薬を処方したり、痛みが強い場合はステロイド剤の注射を行うこともあります。ペロニー病の治療を行っている医療機関は少ないので、事前に口コミ情報などで確認をしておく必要があります。

陰茎をまっすぐにする手術を行います

男性たち

ペロニー病は勃起時に、屈曲ペニスに曲がった状態なので、痛みを感じたり、性行為がスムーズに行かなくなることもあります。病気が進行してくると、女性との性行為に支障が出てしまい、将来はお子様を授かりたい人には深刻な問題です。大変デリケートな悩みなので、泌尿器科のクリニックでは、完全個室で診察や問診、カウンセリングが受けられるので安心です。プライバシーは厳守くれますし、豊富な知識や経験を持った男性医師が担当してくれるので、恥ずかしさを感じる必要はありません。保存療法だけでは、十分な効果が出にくい場合は、屈曲ペニスをまっすぐにするための外科手術の治療を提案をしてくれます。事前に局部麻酔をしてくれるので、手術中に痛みを感じることはありません。

3日から4日ぐらいの入院が必要です

医者

ペロニー病は男性特有の病気ですが、屈曲ペニスで陰茎が曲がっている状態なので、見た目の印象が悪く、コンプレックスを感じている人がほとんどです。男性機能に支障をきたす可能性があるので、外科手術が必要になることが多いです。基本的には日帰りで治療は難しく、3日から4日ぐらいは入院が必要なので、十分な休息や睡眠が必要です。施術を受けた後に多少の痛みや、出血が見られることもあるので、外用薬や内服薬を処方してくれます。痛み止めや抗生物質を服用することが大事です。屈曲ペニスで悩んでいる人は、しこりがあるので、陰茎がんと判断をしてもらう必要があります。症例数を多く取り扱っている泌尿器科のクリニックを選ぶと、高い技術を持った医師が在籍をしています。なるべく傷跡が目立たないように縫合をしてくれます。ペロニー病は適切な治療を受けることで、陰茎の曲がりが改善されます。

広告募集中