HOME>記事一覧>股間の悩みは医師に相談

自力で形を直そうとするのは危険

ガッツポーズの男性

今までは股間の形が綺麗だったのに、屈曲ペニスと呼ばれる症状が出てしまい、他人に股間を見られるのが辛いと感じるようになった人は多いです。それは体質ではなく病気が原因となっており、ペロニー病という病気の治療を始めなければ、ペニスの形が更に悪くなってしまう事もありえます。形が歪んでいるからといって、自分の手などを使って強引に形を直そうとすると、内部で炎症が起きていると傷ができてしまう事もあるので注意が必要です。まずは病院で検査を受けてから、薬などを使った治療を始める事で対処して、炎症を早期に改善してください。

痛みを我慢しない方がいい

ペニスの内部で炎症が発症していると痛みが起きて、次第に屈曲ペニスの状態が悪くなる事もありますから、痛みを感じたら早期に医師に相談する事をおすすめします。炎症を放置している事がペロニー病が悪化する原因で、ペニスの細胞の一部にダメージが残ってしまう事で、正しい形を保てなくなる可能性もあるので気を付けてください。しこりはあるけれど痛みは感じない時にも注意は必要で、しこりが大きくなる事で痛みが発生して、性交を楽しむのも難しくなる事もありますから、股間の異変は早期に治療する必要があります。

広告募集中